高齢者の巻き爪対策と割れない爪の切り方

アイキャッチ 爪切り 介護のこと

在宅介護で通所している内は、爪切りもやってくれたりしますが、
完全在宅になると爪切りも家族の仕事になります。
爪切りといっても、高齢者の場合は爪にトラブルを抱えていることが多く、爪切りも結構難しいですよね。
訪問看護さんも毎週爪のチェックをしていくくらい、爪のお手入れは気を遣うところなので、
ちょっと僕がやってみた事をいくつか書いてみたいと思います。

軽く巻き爪と爪の病気についてお話しした後に、爪切りについてお話ししてみたいと思います。

痛みや出血を伴う場合はお医者さんに相談してください。

記事内では手の爪と足の爪が

指先を使わないと巻き爪になりやすい

巻き爪の原因は色々あるようですが、病的な場合を除くと、
指先に力がかからないこと巻き爪の原因になるようです。
逆に指に力がかかり過ぎる仕事をされている方の爪は平だったり、反り返ってしまうそうです。(スプーンネイルと言うようです)

うちのおばあちゃんは片麻痺があるのですが、麻痺側の爪がすべて巻き爪になっているわけではないので、必ずしも使わないと巻き爪になるというわけではなさそうですが、原因の1つということだと思います。

浮き指と巻き爪

足の爪の場合、歩行が出来ていて指に力が掛かっている人でも、数本だけ爪が巻いてしまうことがあります。
これは、その指に圧が掛かっていない、浮き指という状態が原因かもしれません。

浮き指のチェック方法

用意するものは、幅1センチ×長さ5センチに切ったコピー用紙(チラシでも可能)

チェックする人に姿勢よく立ってもらい、切ったコピー用紙を足の指と床の間に滑り込ませます。
指と床がピッタリくっついていれば、コピー用紙は滑り込みませんが、指が浮いているとコピー用紙が滑り込んでしまいます。
この方法で、どの足の指に圧が掛かっていないか調べることができます。

家庭でできる浮き指対策

巻き爪の原因の一つとなる浮き指対策として家庭でできることは「指に力がかかるように意識する」ことです。
僕は専門家ではないので、ネットで調べてみたことをまとめると。
歩き方を意識するのかポイントのようです。

歩くときは踵から着地し、指先に向かって重心がスムーズに移動し、最後は指で地面をけり出すように意識すると良いそうです。
つまり指先に圧を掛けるよう意識するということですね。
また、指が上手く動かせていないのも下人

他には椅子に座った状態で、足の指先で床を掴むようなトレーニングをするのも効果的なようです。
指に圧はかからないのですが、お風呂に入っている時に足の指をグーパーすることで、指を動かすトレーニングになって

話しが剃れてしまいましたが、実際に巻き爪の切り方についてお話ししましょう。

重度の巻き爪はお医者さんへ

巻き爪が酷くなって炎症が発生していたり、歩くときに痛みがあるようでしたら、お医者さんに相談してください。
テープで養生したり、クリップのようなもので爪を矯正したり、外科的なアプローチをしてくれるそうです。
指先の痛みをかばって歩くと変な姿勢になってしまいますから、二次的な問題(膝の痛みや腰の痛み)に発展するかも知れません。
痛みがあるようなら、無理をせずお医者さんへ。

爪の切り方

爪の切り方

この切り方は訪問看護師さんに教えて頂いた切り方なのですが、
指先と同じ長さか指が少しでるくらいの位置で、爪をまっすぐ切り、
さらに角を切り落とすように切るのが良いようです。
仕上げにヤスリをけるとさらに良いでしょう。
ちょっとでもとんがっていると靴下を履かせるときに引っかかっちゃうんですよね。

爪は短すぎても陥入爪という違う問題が発生するので、深爪にならないように気を付けてください。

爪切りに必要な道具

爪切り、ニッパ(爪切り専用)、ヤスリ

爪の形や厚さは人によって違いますので、一概に言えませんが、
うちのおばあちゃんの場合、手の爪は普通の爪切りで、足の爪はニッパで切っています。
巻きが強いと普通の爪切りだと上手く切れないので、ニッパで少しずつ短くしていくのが良いと思います。

また爪切りを使わずにヤスリだけで整えることもできます。
認知症があったりすると爪切りを嫌がるので、急に手を動かしたりして、思わぬ事故に繋がります。
そういった拒否が強い時は、ヤスリの方が安全です。

割れない爪の切り方

これは訪問介護さんに教えて頂いたのですが、
お風呂上りや足湯後の爪が柔らかくなっている時に切ると、爪が割れにくくなるというのです。
実際やってみたのですが、たしかに割れずに切れました!

ただ、要介護者の疲れの問題もあるので、毎回お風呂上りや足湯の後に爪が切れるわけではないですが、知識として知っておいてください。

↓以前書いた足湯記事も良かったら読んでみてください。

まとめ

爪切りについてお話ししてみましたが、爪切りって奥が深いんですよね。
正直もっと沢山書きたいことがありました。
家で出来ることは切り方に気を付けること、出来れば巻き爪対策をすることですが、
万が一巻き爪になってしまったら、お医者さんに相談するのが良いと思います。
また、折を見てこの記事は加筆したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました